■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

顔にかけたいハロメン

1 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/18(土) 13:52:55
れいれいの顔がたまらない

2 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/18(土) 17:23:42
もッ漏れちゃう〜
トイレ、トイレ
アッ痛っーい
「先輩ごめんなさい」
「あなたは大丈夫?」
「はっはい」
「良いけど早く顔から降りて笑」
「今すぐ降ります、でも紐が絡まって」
「落ち着いて早く解いて」
「はっはい、アッ先輩顔動かさないで」
「わかるけど苦しくて」
「アッアッそこは!」
「仕方ないでしょ息できないんだから」
「でっでも出ちゃう」
「出ちゃうってまさか!」
「喋らないで、アッ!」
ジョジョ〜

3 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/18(土) 20:58:52
「先輩ごめんなさい我慢出来なくて」
「ちょっとこっちに来なさい」
「はい…」
先輩の顔にかけちゃうなんて…
もう引退するしかないのかな、武道館とか立ちたかったなぁ
「早く誰かに見られる前に部屋に入って」
「この更衣室は普段使っていないから誰も来ないわよ」
「早く脱ぎなさい、そこにシャワー有るから浴びると良いわ」
「ありがとうございます、でも本当に申し訳ございませんでした」
「本当先輩の顔にかけるなんて笑、おしおきが必要ね笑」
「なんでもしますから許してください」

4 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/18(土) 23:40:39
「なんでも?取り敢えず早く脱いで」
「はい、って先輩も脱ぐんですか」
「そうよあなたにかけられちゃったからね」
ジャー
「えっ先輩なんでこっちに?」
「なんでもするんでしょ、シャワー止めてそこに立ちなさい」
「はい…」
ペロペロ
「そんな所舐めたら汚いです」
「汚い所顔に付けてかけたのあなたでしょ」
「でも、でも」
「おしっこじゃ無いヌルヌルしたの出てきたけど、これはな〜に」
「言わないで!」
「どうなの?言ってみなさい」
「アッアッ気持ちいいで〜す」

5 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/19(日) 01:22:51
シコッシコッ
ウッ出る
写真集カピカピになっちゃった、また新しいの買わないと
『そんなにハロプロ好きか?』
「誰だ!」
『わしはハロプロ神』
『オヌシの購入したハロプロ写真集が1000冊を超えたので褒美を授けに来た』
「神様?そんなバカな」
『嘘では無い、その写真集見てみろ』
「新品になっている!」
『わかったか?』
「わかりました、所で褒美って何ですか?」
『三つの中から選ばせてやろう』
『一つ目、透明になる力』
『二つ目、時間を止める力』
『三つ目、物体を通り抜ける力』
「どれも魅力的だな」

6 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/19(日) 01:37:15
でも
「透明になれる時間は?」
『30分じゃ』
「透明になってもオートロックとか引っかかると部屋に入らないしな」
「時間止めるってどのくらいですか?」
『10分間だけじゃ』
「10分では大した事出来ないか」
「物体を通り抜けるのに制約は有りますか?」
『人工的に作られた物でも、自然に出来た物でも通り抜ける事が出来る』
『ただ物体の中には2時間しかいられないぞ』
「家を特定して柱の中に隠れたら色々出来そうだな」
『条件は有るぞメンバーの身体に触れたらその場で全ての財産を無くす』
「汗とか身体から出た物がかかってもダメですか?」
『オヌシの身体で無ければ大丈夫じゃ』

7 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/19(日) 01:56:10
「わかりました物体を通り抜ける力を下さい」
『本当にそれで良いのじゃな?』
「はいお願いします」

3週間後
なんとか部屋がわかった
お風呂の壁に隠れて
「ただいま」
「また誰もいないのにただいまって言っちゃった」
「でも最近誰か部屋にいる様な気がするのよね」
「取り敢えず先にお風呂入りましょう」
スルッスルッ
「あ〜気持ち良い」
「はぁはぁあの子の裸が目の前に」
シツ
「なんだ壁の中では動かせないのか」
「仕方ない目に焼き付けて寝てからシコろう」
「一旦外に出ないとな」
「あ〜いいお湯だった」
「お風呂入って寝るだけの部屋になっちゃったね」
「おやすみなさい」
「良し寝たな」
「部屋に出て目が覚めるといけないからあそこと手だけ壁から出して」
シコッシコッ
「ウッ出る、身体が触れなければ良いと言ってたから顔にかけちゃおう」
ピュッ
「あぁ気持ち良かった、少し眠くなってきたな」
「まだ時間有るし少しだけこのまま寝るか」

翌朝
ピッピッピッピッ
「もう朝か起きなくっちゃ」
「ん〜アレッ壁に何か付いてるポークビッツみたいな石なんだろう?」

8 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/22(水) 17:47:08
ハロ汁プシャー!
ハロ汁プシャー!
「00ちゃんおしっこはトイレでしましょうね」
「お前にもハロ汁かけてやろうか?」
「それはハロ汁ではなくておしっこです」
「ここは神聖なレッスン場なのですからちゃんとパンツ履いて」

「社長なんであんな子入れたんですか?」
「普通の事何にも出来ないしこちらの言っている事一つも聞かないんですよ」
「すまん、あの子は会長案件何だ」
「だが歌とダンスだけなら歴代メンバーと比べても1番なのは認めるだろう?」
「確かにスキルは凄い物があります」
「でもこのままではとてもデビューさせる事は出来ません」

9 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/22(水) 17:56:30
「私に考えが有る、明日から特別コーチが来てマンツーマンでレッスンするからもう少し待ってくれ」
翌日
ハロ汁プシャー!
ハロ汁プシャー!
「00さん今日から新しい先生が来てくれました」
「地下の特別室で練習してください」
「え〜ここがいい」
「ちゃんと先生の言う事聞いて、先生が良いと言ったら戻って来れますから」
「も〜仕方ないな行ってくる」
ガチャ
「00ちゃんで〜す、早く戻って良いと言ってよね」
「よろしく新任の△△です」
「男?私男は嫌だ!」
「言う事聞かないとここから出られませんよ」
「いいよもう帰るから」
ガチャガチャ
「鍵開けてもう帰るんだから」
「言ったでしょ言う事聞かないと帰れないって」

10 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/22(水) 18:04:54
「わかったよ何すれば良いの?」
「では、まずいつも通りにして下さい」
「ハイハイ」
歌とダンス
「どお?凄いでしょ先輩よりも上手いんだから何も教わる事無いでしょ?」
「誰が歌とダンスしろと言いましたか?いつも通りにしなさいと言ったでしょ」
「いつも通りって?もしかしてハロ汁プシャーの事?」
「そうですそれをやってみなさい」
「男の前で出来るわけないでしょ」
「良いからやりなさい!!いつまでも出られませんよ」
「わかったよハロ汁プシャー…」
「聞いていたのと違いますね、いつものをしなさいと言ったのが分からないんですか?」
「今迄ごめんなさい、もう良い子に成りますからそれだけは勘弁してください」

11 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/22(水) 18:22:12
「しょうがない少し強引ですが」
ビリッ
「嫌だ服破らないで」
「いつも裸でやっているんでしょ」
「男の前で裸になんて成りたくない」
「うるさい!」
バチッ
「痛い」
「ほら裸にしてあげたんだからやりなさいよ」
「出ません…」
「いつものハロ汁出ないんですか?」
「ごめんなさいあれはおしっこでした」
「あなた神聖なレッスン場でおしっこしてたんですか?」
「ごめんなさい許してください」
「許すも許さないも良いからここでしなさい」
「だから出ないんです」
「仕方ありませんね手伝ってあげますよ」
「何ですかその縄は!」
「だから手伝ってあげるんですよ」
「ここをこうしてキュッキュッっと」
「嫌だ!誰か助けて!」

12 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/22(水) 18:33:36
「誰もあなたのことなんか助けに来ませんよ」
「ごめんなさいごめんなさい、許してください」
「もう遅いんや」
「なんで舐めるんですか」
「ハロ汁出すの手伝っているんですよ」
「そんな所舐めてもおしっこ出ません」
「良いんですよ違うのが出ても、いやこれが本当のハロ汁かも知れません」
「中々逝きませんね」
「なんで先生も脱いでいるんですか!それだけはやめて下さい」
「素直に逝かないから見せてあげるんですよ」
「男の人のってこんなに大きいのですか!」
「私のは特別ですよ、興味津々ですね触ってみますか?」
「そんな事無いです、でも凄いあっ硬い」
「ほら上下に擦って」
「こうですか?」
「ずいぶん素直に成りましたね、上手ですよ」
「良い子になったから縄解いてあげますね」
「なんだか変な感じです」
「では擦りながら私の顔に乗りなさい」
「恥ずかしいです」

13 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/22(水) 18:45:37
「言う事聞かないとまた縛りますよ」
「わかりました」
「良い子だ、舐めるから逝きなさい」
「擦りながらよく見て」
「はい、あっなんか出てきました」
「あなたが上手いからですよ」
「あっ気持ち良いですなんか変な感じです」
「一緒に逝きましょう」
「ハイッあっ」
プシャー
ドピュッ
「顔熱いのがかかりました」
「まだカチカチです」
「どうしますか?続けますか?」
「はい…お願いします」
「ではそこに寝なさい」
ブチュ
「さあ入れますよ」
「痛い!」
「我慢、我慢そのうち気持ち良く成りますから」
「アッオッイッイッイ〜」
パシャッパシャッ
「これからは他の先生の言う事も聞くんですよ」
「そうしたらまたやってあげますからね」
「わかりました言う事聞くから逝かせて下さい」

14 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/23(木) 02:05:05
翌日
「先生おはようございます」
「今迄色々とご迷惑をお掛けしてごめんなさい」
「これからはデビュー目指して頑張ります」
「急にどうしたの?私は嬉しいよこれからは一緒に頑張りましょう」
「あのぅ昨日の先生は?」
「私のレッスン終わる頃に来てくれるわよ」
「こんなに変わるなんて所で昨日はどんなレッスンしたの?」
「先生との約束で内緒です」
「では今日はこの曲をやってね」

「凄い今迄のスキルに色気が出てきて完璧よ」
「ありがとうございます、昨日の先生は…」
「本当に昨日楽しかったのね、地下で待っているよ」
「それではありがとうございました、地下行ってきます」

「あの子があんなに変わるなんて、内緒って言ってたけど覗いてみよう」
ガチャ
「鍵が掛かっている?」
「合鍵有るから開けてみよう」
「アッアッ顔にかけて〜〜」
「何、何しているのやめな…」
トン
「良いんだよ」
「社長!止めて下さいあんなのレッスンでは有りません」
「00変わっただろう?あれで良いんだよ」
「中には出さないように言って有るから出来る心配は無いしな」
「そういう問題ではないでしょ」
「あの子は幼すぎたのだ、だから女の部分を剥き出しにさせる事で大人に変えたのだ」
「ほらまた逝った笑笑」

15 : 名無しさん@黒豹 : 2020/07/26(日) 01:24:59
( ´ー`)えっちなのはだめです

16 : 停止しました。。。 : 停止
真・スレッドストッパー。。。(´・ω・`)モキュ

9 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50

read.php ver2.8.0 2015/01/18